くゎたう寫眞帖

秋田の自称アマカメラマン加藤のブログ

ぶらり内陸線…後編

nai 140
阿仁合駅で団体客を迎えるじゅうべい氏。

米内沢駅を降りてクルマに戻り、撮影に移動する。
去年の夏にも行った、合川-大野台間の杉林へ。

nai 138
米内沢まで乗ってた車両が折り返してきた。
後ろに乗った車掌さんが私に手を振っている。



nai 137

この場所で粘ってみる。
去年は望遠レンズで撮ったが、今回は広角レンズで杉林の大きさを表そうという試み。

nai 139
相棒のクロスオーバーSUV。“アウトバック”とは、オーストラリアの未開の地を示すらしい。
写真の未開の地を切り開きたい。大言壮語…


nai 141

その後、小ヶ田や大野台にも行ってみたが、いい写真は撮れなかった。
まだ撮り足りないので、南下し前田南へ。

カーブ案配と、駅の周りは田んぼと畑。遠くに見える山がよい。
踏切がどんどん朽ちて行くが、これもまた味わいとなっている。

私がアングルを考えていたら、近所の男性が高倍率ズームのカメラを持ってこちらに来たので挨拶。
聞けば、私が阿仁合-米内沢まで乗っていた急行のワンディオーナーだったとの事。
…ワンディオーナーとは…公式でも案内されてますが、こちらのレポートが楽しいのでご参照を…

http://portal.nifty.com/kiji/150128192644_1.htm

偶然にも、私がここに撮影にこの時間訪れた事によって、この日のワンディオーナーさんの自宅近くでお話しする事が出来た。
別の撮影地に向かってたり、あのまま帰路についていたらこのような偶然には至らなかったのである。

聞けば、複数回ワンディオーナーを利用している事など。
私も、鉄道会社にお金を落とさないで撮ってばかりとか、廃止になると決まってぎゃーぎゃー言うより、
まずは利用してお金を落とすのが鉄道ファンとしての貢献なのではないか?と持論を述べる。
あと、夢列車プロジェクト、新車より昭和な車両を入れた方が観光には絶対プラスの持論もw

鉄道模型もいろいろ持っている方らしく、AN8800鉄コレの話なども。

日没後に一枚撮って、帰路に着く前に挨拶しつつこちらの名刺を渡し、
男性からは写真のプリントを一枚頂いた。ありがとうございました。

nai 137 (1)



nai 138 (1)
米内沢駅での一枚。
鉄道利用者だけでなく、近隣住民の憩いの場になっている。
小さく駄菓子も。定番のブラックサンダーも。
ブラックサンダー、阿仁合駅で照英氏がブラックサンダーを買ってスタッフにも食べさせていた光景を見たことがあります。

やっぱり、現地の方などとお話しするとより旅が楽しくなりますね。
クルマ旅だと、これが難しいのです。これも鉄道の醍醐味。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/08/31(月) 22:20:44|
  2. 鉄道
  3. | コメント:0
<<阿仁ぶら | ホーム | ぶらり内陸線…中編…田んぼアート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

寫眞 (204)
盛岡界隈 (1)
秋田市内 (72)
街ぶら(地元以外) (35)
鉄道 (57)
山と渓谷 (18)
盛り場放浪記 (13)
徒然 (28)
カメラ(機材ネタ) (6)
お知らせ (5)

最新コメント

プロフィール

くゎたう

Author:くゎたう
加藤です。趣味の写真・カメラのお話しから、
それに伴う街歩き・山歩き・鉄道などのお話しを。

メールフォーム

ご感想・お問い合わせ・苦情などはこちらへ 返信が必要な場合はメールアドレス必須です

名前:
メール:
件名:
本文:

本人が希望されない限り 投稿された内容がそのまま公開される事はありません

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター