くゎたう寫眞帖

秋田の自称アマカメラマン加藤のブログ

内陸線 夢列車プロジェクトに思う

はじめに…
この記事は、私加藤が所属する某鉄道趣味の会の意向などとは一切関係ない、個人的見解であります。
この見解が会の意向を代表するものではない、会の意向ではない事を
あらかじめお断りしておきます。

…先日、新聞等にこういったプロジェクトが発足した事が報じられました。
内陸線「末永く存続を」http://www.yomiuri.co.jp/local/akita/news/20150606-OYTNT50221.html

わたくし個人も、内陸線の存続を願う者のひとりであり、内陸線のみならず、
また鉄道のみならずバスなども含め、
重要な社会インフラとしての公共交通の維持・充実は大事な事と思う者であります。

そう思うのは、最近高齢者ドライバーの危険な運転を目にすることが多くなったからです。
地方では交通インフラが貧弱なため、明らかにクルマの運転に支障が出ているような高齢者でも
移動にはクルマに頼らざるを得ない。
その解消の為にも、公共交通の維持・拡充は必要と考えます。

この「内陸線 夢列車プロジェクト」http://www.yumeressya.com/
私個人も、いずれ少額ではありますが…少額しか出来ませんが
募金に協力したいと思っております。
お礼品などは必要なく、名のる程の者ではないので、募金箱のような物があったらそこに直接入れてこようと思ってます。


その上で、一つ物申したいのは、
新車購入で見込める増客効果はごく短期間ではないのか?
です。

もちろん、Web上に書かれている趣旨を読めば、目標金額が不足する場合は、
中古車両や現存の車両の改造に充てる事も含まれているのは承知の上です。

観光資源として内陸線を捉えた場合、新車に乗ることを目当てに来る観光客などごく僅かなのでは?
という懸念です。
むしろ、新車が入る事により押し出されて廃車になる車両を見に来る鉄道マニアの方が多いくらいでは?
とさえ思います。

潤沢に寄付が集まり、JRのリゾート列車のような豪華な車両がくるともなればまた違うのかもしれませんが、
一般型車両を更新したとて、それを目当てに乗りに来る観光客などいないとは言わないまでも、
ごく短期間でその効果は終わると思うのです。


この秋田という地方…いうなれば田舎に住んでいる私が、わざわざ足を運んで見に、乗りに行った路線があります。
numa2 108 (2)
千葉県の房総半島を走るいすみ鉄道

numa2 109 (1)
同じく小湊鐵道です。

いすみ鉄道は、あの名物社長が国鉄型キハ52、そしてキハ28を導入し、
話題作りや集客に大いに役立てた事で知られてます。

小湊鐵道は、昔ながらのキハ200を今も大事に走らせて、
その沿線や駅舎と一体となって、味わい深い風景となっております。

わざわざ秋田の人間が見に、乗りに行くほどの魅力を放つのは、この古い車両の佇まいがあるからです。
もしこれが、いわゆるNDC車両だったら、わざわざここまでは行かないでしょう。
ローカル線の風景を楽しみたいだけだったら、それこそ内陸線含め県内や隣県に十分ありますから。

もちろん、ここで例えば国鉄型車両を導入したとて、いすみ鉄道の二番煎じのそしりは逃れられないでしょう。
それでも、NDCの新車を入れるよりは持続的な観光資源としての効果はあると思います。
もちろん、整備も大変で車両は安くても維持費はかかるでしょう。
ここで「効率」を優先して、果たして「観光」が成り立つか?

キハ52や58をこれから入手することは、おそらく無理です。
でも、これからキハ40系が続々出てくると思います。
男鹿線や五能線で見慣れているキハ40が、そんな魅力あるか?

…例えば男鹿線色でそのまま走らせたら、ごく一部のマニアは食いつくかもしれませんが
それこそ一過性のもので、しかも狭い対象にしかアピールしません。

…何のことは無い、いわゆるタラコ色に戻せば、それこそ旧阿仁合線時代の風景が戻るのです。
numa2 108 (3)
スマホで撮った急造画像ですが…左がタラコで右が男鹿線色です。

もちろん、可能であればキハ40系以外の国鉄型車両ならもっと良いでしょう。
妄想的個人見解を言えば、DD51のようなDLが客車を牽引するのも佳し…と思いますが、
路線構造的に角館や鷹巣で進行方向先頭への付け替えが出来ないか?…

numa2 110 (1)
この区間は3セク後の新線区間ですが、この風景にタラコのキハ40が入るだけでも
自分的にはかなり魅力増ですけどね。

…どうせ車両入れるなら、より観光効果の期待出来る車両を入れて欲しい…
かなり妄想多めですが、そう思いつつ寄付してこようかと思っております。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/06/09(火) 21:20:06|
  2. 徒然
  3. | コメント:0
<<垂天池沼・新緑…続き | ホーム | 垂天池沼・新緑>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

写真 (179)
秋田市内 (68)
鉄道撮影 (48)
街ぶら(秋田市以外) (33)
盛り場放浪記 (11)
山と渓谷 (17)
徒然 (22)
カメラ(機材ネタ) (6)
お知らせ (5)

最新コメント

プロフィール

くゎたう

Author:くゎたう
加藤です。趣味の写真・カメラのお話しから、
それに伴う街歩き・山歩き・鉄道などのお話しを。

メールフォーム

ご感想・お問い合わせ・苦情などはこちらへ 返信が必要な場合はメールアドレス必須です

名前:
メール:
件名:
本文:

本人が希望されない限り 投稿された内容がそのまま公開される事はありません

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター