くゎたう寫眞帖

秋田の自称アマカメラマン加藤のブログ

続・いなかは好きかいなか

前回よりの続き。

田舎に漂う気質が苦手…それはいわゆる「ヤンキー的なるもの」
近年「マイルドヤンキー」ともカテゴライズされるヤンキー的なものが苦手。
そのあたりが、地元中学の学区内での友人がごく少ない事などにつながっている。
そんな田舎ヤンキーが苦手なくせに、2つ目の職業は超地元密着の団体職員だったりする。
…なまじ安定を求めたが、悪しき田舎を凝縮したような職に就いたので結局は6年ほどで辞めた。
今思えば、6年も良く続いたなと思うほど。
そして、その後多くの同僚先輩たちがその職場を離れている事を思えば、
メリットと思えた「安定」も望めたものではなかったのだなと。

今思えば、就職の際に秋田というか実家を離れなかった事を後悔している。
今もだが、若い頃クルマが好きだった事がネックになっている。
家賃や駐車場代を浮かせる事が出来る親元暮らしを選んでしまった事は軽率だったなと。

0805 (3)
※写真と本文は関係ありません…な

田舎気質に馴染めないという、いわば私個人の気質上の不適合もあるが、
いわゆる地方の疲弊ぶりを見るのが嫌だという点も。
別に人が少ないとか、遊べる施設が少ないとかいうのが嫌なわけではない。

大きな駐車場を持つ郊外型ショッピングモールの乱立…確かにクルマを持ってる上では
そのような施設は便利ではある。
だがそこに自分は田舎の嫌なところを感じるというか、いわゆる東京のような都会と比べて「ダサいな」と。

田園風景や茅葺屋根の家、という田舎の風景は好きである。
だがこういう“中途半端な田舎”特有の光景にはどうしてもネガティブになってしまう。

とにかくクルマクルマ。歩くのも鉄道に乗るのも好きな自分には過度のクルマ社会が嫌いである。
行動基準に、クルマで行けるか、クルマを“タダで”置けるかが大きなウエイトになっているのが、
これまたいわゆる東京のような都会と比べて「ダサい」。
そのくせ平均賃金は低いので、エンゲル係数ならぬクルマ係数の高さが「ダサい」。

…別に「ダサい」とかどうでも良くね?その都会に対するコンプレックスがダサくね?
そんな事は承知で記している。

田舎を田舎として、楽しむくらいの気概で暮らしているなら良い。
中途半端に都会っぽさを求める事のダサさを書き表したいのだが、残念ながら私の浅学さでは上手く表現できないのである。

そんな事に悶々として暮らしいるくらいなら、居住の自由が認められている日本、移住しちゃえばいいのだが、
その移住したいと思っているのが、秋田とは五十歩百歩ではなかろか?という「岩手」だったりする。
いや、隣の芝が青く見えているだけか?
別に岩手に何人かいる友人知人を頼りたくての岩手ではない。
そんな岩手…盛岡も●宮のあたりが発展して来ているのは先述の自分基準「ダサい」でもあるのだが。

あとは、完全なる私的事情。
親父と折り合いが悪いとか、自分と同じく40代の弟がパラサイトしている事のバツの悪さ。
自分の嗜好やペースで生活出来ない…そんな実家の居心地の悪さもある…。
10年以上一人暮らししてきた事の自由さ快適さが忘れられない。

あとは、もう少し田舎のこんなところが嫌というのを引き続き触れてみたいと思う。

タイトルからお察しかと思うがこの方の活動にインスパイアされてのものでもあります。
必ずしも“こばやし”氏の仰る事ガッパリではないのだが、うんうんと頷かされる事の連続である。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/08/09(水) 20:15:48|
  2. 徒然
  3. | コメント:1
<<川反のニャン | ホーム | いなかは好きかいなか>>

コメント

何故に田舎臭いかということについてですが、
東京と比較するのが間違いというか、
変に頑張って気張っちゃうところでボロが出るんですよね。
色使いとか、まぁ色々と・・・・。
ファッションとかもそう。

むしろ頑張らないほうがナチュラルで実は田舎臭さというか
素朴さがある分オシャレなんですよね。

その土地ならではの風景・情景を保ったほうが、
都会の人間から言わせてもらえば「懐かしい新鮮さ」みたいなものなんですよね。

車が趣味だとどうしてもそうなりますね。
自分はそれで一時期疑問に感じて方針転換というか
発想の転換をしてみようと思ったのが、
今から15年前の山形短期生活を含めたあの時期なんですよね。
当時、自分の中での「東北」というとくゎたうさんや、◯が◯しさん等の方々から得られる情報だったりで
その土地を訪れるなり生活するなりで視野を広げたかったんですよねぇ。
しかしそれをするには「安定」というものの前提条件を崩さない限り「経験」を得ることはできないので
ギブ&テイクのようなもんなんですよね。

結果は今の状況ですが、
この「経験」は色々と役立ったというか自分の記憶の一つにはなっています。

結局「安定」ってなんだろう?と思えば思うほど不安定になって来たので
あまり考えないほうが実は安定しているのでは?
と思ったりします。
つまり余計なことを考えないから。

これをネガと捉えるかポジと捉えるかは過ぎて見ないとわからないものだと思います。
  1. 2017/08/13(日) 00:04:53 |
  2. URL |
  3. (ー。ー)。 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

写真 (185)
秋田市内 (69)
鉄道撮影 (49)
街ぶら(秋田市以外) (33)
盛り場放浪記 (11)
山と渓谷 (18)
徒然 (23)
カメラ(機材ネタ) (6)
お知らせ (5)

最新コメント

プロフィール

くゎたう

Author:くゎたう
加藤です。趣味の写真・カメラのお話しから、
それに伴う街歩き・山歩き・鉄道などのお話しを。

メールフォーム

ご感想・お問い合わせ・苦情などはこちらへ 返信が必要な場合はメールアドレス必須です

名前:
メール:
件名:
本文:

本人が希望されない限り 投稿された内容がそのまま公開される事はありません

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター