くゎたう寫眞帖

秋田の自称アマカメラマン加藤のブログ

内陸線・冬

0128 (3)
五味掘踏切付近より

ようやく今年二度目の更新。
1月28日。昨年10月以来の内陸線の撮影に。

以前何かで書いた気がするが、私がデジタル一眼レフ(中古ニコンD70)を入手して、
はじめて撮影に出かけたのが内陸線。当時も前田南駅で黄色の車両を撮ったり。

映画「君の名は。」効果を抜きにしても、ここから(五味掘〜柏木岱)の素朴な風景は魅力的。
内陸線というと、橋や川、森やトンネルと絡めた写真が多いが、
比較的開けて明るい前田南付近の眺めが個人的に好き。

0128 (5)
伏影地区より



0128 (2)

この日は雪が降ったり止んだり。
雪を捉えたかった自分には好都合。
そのための防塵防滴システム(FUJIFILM X-T1+XF18-135mm)持参だったり。
…ただ、充電確認が甘くて、予備バッテリーも自己放電が進んでいたりと、
危うく撮影不可になりかけるところだった。
ソ●ーのシステムの方は、雪の中使うのはちょっと躊躇われるもので…

鉄道写真家にしては少数派のミラーレス一眼のシステム。
それもオリンパスではなくて、富士フイルムというマイノリティなチョイス。

さすが“フィルムシミュレーション”と謳うだけのある発色や湿度感があり、
常日頃から言っている「他社は“画像”、富士は“写真”が撮れる」は
誇大な表現ではないと思っている。

…とかなんとか言って、オールドレンズがフルサイズで撮れるソニーαシステムも使っているのですが…

0128 (4)

今回の撮影で、5月に秋田県児童会館でのイベントに出展する作品は確保できたかな?と。
それでも昨年よりは点数が絞られますが。


鉄道写真ではありませんが近日、秋田市の中通書店さまで、
ワタクシの撮影したフォトブックを販売開始するべく、準備を進めております。
詳細が決定しましたら、改めてお知らせします。

book08.jpg
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/02/01(水) 21:16:51|
  2. 鉄道
  3. | コメント:0
<<阿仁は燃えているか2017〜前編 | ホーム | 今年の豊富もとい、抱負、いまさら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

寫眞 (205)
盛岡界隈 (2)
秋田市内 (72)
街ぶら(地元以外) (35)
鉄道 (57)
山と渓谷 (18)
盛り場放浪記 (13)
徒然 (28)
カメラ(機材ネタ) (6)
お知らせ (5)

最新コメント

プロフィール

くゎたう

Author:くゎたう
加藤です。趣味の写真・カメラのお話しから、
それに伴う街歩き・山歩き・鉄道などのお話しを。

メールフォーム

ご感想・お問い合わせ・苦情などはこちらへ 返信が必要な場合はメールアドレス必須です

名前:
メール:
件名:
本文:

本人が希望されない限り 投稿された内容がそのまま公開される事はありません

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター