くゎたう寫眞帖

秋田の自称アマカメラマン加藤のブログ

ぶらり関東遠征…其の参

kominato.jpg

小湊鐵道ホームからJR五井駅ホームを

20日は、小湊鐵道の「1日フリー乗車券」をフルに活用して乗り鉄三昧。
平日なので、通勤通学時間帯にあまり被らないようにして、朝8時頃から始め16時台には終えるように。

kominato (1)

はじめは五井から上総牛久まで。

kominato (2)

車両からしてノスタルジー全開の小湊鐵道。

kominato (3)

7:55五井発の便には県立市原高校と思しき通学生が乗っていたが座れぬほどの混雑はなかった…
それにしても天気が良い。少し暑い。
この便は上総牛久止まりなので、この先養老渓谷や上総中野方面に向かうには次の便をまたねばならない。
その時間を利用して駅周辺をスナップしたり。

kominato (4)

千葉銀行のポスターは上総鶴舞駅ですね。



kominato (5)


kominato (6)


kominato (7)

構内踏切の表示がゆるい

kominato (8)


kominato (9)

地元の人や旅人のくつろぎの空間となっている上総牛久駅

9:21の上総中野行きが入線したので乗り込み、次は終点上総中野まで移動。

kominato (10)


kominato (11)

上総中野では6分間の停車ののち折り返す。
接続するいすみ鉄道の車両と一枚。

kominato (12)


kominato (13)

五井行き上り列車で高滝駅まで。10:51着。
この時間になるとさらに暑くなってきた。10月中旬とは思えない。

次の下り列車が来る時間まで散策。
とはいえ、ほとんど駅のベンチでぼーっとしている。

ここには、中井精也先生の写真で猫がいるのを知っていたが、前回冬にきた時には時間帯も朝早くよくなかったのか
一匹も見られなかった。

kominato (14)


kominato (15)

この前にも一匹サビ三毛が通りがかったのを見たが、撮影には間に合わず。
この子がうろうろしてたのを、ミラーレス一眼のチルト液晶でストーキング。

そして今度はホームのベンチで休んでいると、強風が吹いたように駅舎がミシミシ言い出した。
スマホのバイブが一瞬鳴る。地震だった。

その直後に駅に入ってきた老夫婦に、地震気づきました?かと少し会話。
いやあ全然気づかなかったと。私も歩いていたら気づかなかったかもしれない。
道中の報告などしていた腐れ縁の古い友人から地震があったねえ、とメールが。
私の心の揺れかな?と返す。

kominato (16)

11:56高滝発の下り列車がやってきた。また上総中野方面に向かうのだが、途中で降りる。
ここもまたお気に入りの駅。

…続く
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/10/24(月) 21:02:55|
  2. 鉄道撮影
  3. | コメント:2
<<こぼれてしまった幸せの器 | ホーム | ぶらり関東遠征…其の弐>>

コメント

此方に来てましたか。
千葉はあまり馴染みが無いので
ほとんど訪れたことが無いんですよね。

ただ、なぜか五井だけは仕事の出張で訪れた事はあったりします。
その際に小湊鐡道は見た事が有りましたが
その時は「時代遅れの小汚い鐡道」程度にしか
認識してませんでした。(笑)

今、こう言うディーゼル車って無くなってしまったので貴重ですね。
  1. 2016/10/25(火) 13:01:39 |
  2. URL |
  3. (-。-)。 #-
  4. [ 編集 ]

(-。-)。さん>
バタバタと東京行きを決め、書いてる通り下調べもままならないウチに行ったので、
平日ということもあり、そちら方面の友人へは連絡撮りませんでした…すみません。

ど田舎に住んでいながら、ノスタルジーを感じにわざわざ小湊鐵道まで行くのは、このキハ200の存在ですよね。
  1. 2016/10/25(火) 22:49:48 |
  2. URL |
  3. くゎたう #ZxXOt7Ek
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

写真 (175)
秋田市内 (67)
鉄道撮影 (47)
街ぶら(秋田市以外) (32)
盛り場放浪記 (11)
山と渓谷 (16)
徒然 (19)
カメラ(機材ネタ) (6)
お知らせ (5)

最新コメント

プロフィール

くゎたう

Author:くゎたう
加藤です。趣味の写真・カメラのお話しから、
それに伴う街歩き・山歩き・鉄道などのお話しを。

メールフォーム

ご感想・お問い合わせ・苦情などはこちらへ 返信が必要な場合はメールアドレス必須です

名前:
メール:
件名:
本文:

本人が希望されない限り 投稿された内容がそのまま公開される事はありません

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター