くゎたう寫眞帖

秋田の自称アマカメラマン加藤のブログ

垂天池沼〜初夏

nai (4)

昨年、初夏・紅葉とも行けなかった垂天池沼(たてちぬま)。
県北でクマによる人的被害が相次いでいる中、ここへのルートでクマに遭った事がある自分としては
かなり腰が引けていたのだが、人を襲っているのはここのクマではない、
音を出す、足跡や糞などの痕跡に気をつけ、見つけた場合は即中止、と自分ルールを決め決行。
万一に備え、入山する事を他の方に知らせておく。

また杉の伐採があったようで、登山道がより分かりにくくなった。
いちおう棒に「沼はこっち」的な案内を親切につけている方がおったが、
あの方法では矢印の向きが変わってしまうので、別の対策を講じた方が良い。
GPSに頼る場面があったくらいなので、気軽に「行ってみてください」と、
クマの事を抜きにしても言える状況ではなくなった。

nai (6)



私の現在使っているスマホ(HUEWEI P8Lite)は、スピーカー出力の音が大きく、
これをクマよけの鈴&ラジオ代わりに。
山には似つかわしくない、録音した深夜ラジオの放送(ちなみに伊集院光)や、
ハードロック・ヘヴィメタルを流す。
無音部分があったりするNHK FM的なものはふさわしくない。
またクマよけにラジオを推奨される場合があるが、稜線上を歩くような山ならともかく
森や沢筋などではAM波は入りづらいので、他の方法も用意した方が良いかと。

nai (3)

好天が過ぎてコントラストがきつく、自分が想定した写真はあまり撮れなかった。
しかし、これはこれで、水面への写り込みが美しいので良しとしよう。

nai (2)

FUJIFILM X-T1の場合、プロビア(STD的なモード)でもまるでベルビア(VIVID的なモード)のような
色とコントラストになってしまう。
Dレンジを調整しても、白飛び黒つぶれが気になる。要は天気が良すぎるのである。

nai (1)

6月らしいしっとりした画を撮りたい。再度行く暇は…まあまた来年。
次は秋に紅葉を。クマ対策は十分に…スプレーを買おうかと検討中。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/06/11(土) 22:25:42|
  2. 山と渓谷
  3. | コメント:0
<<続・垂天池沼〜初夏 | ホーム | 寫眞についての考察>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

写真 (179)
秋田市内 (68)
鉄道撮影 (48)
街ぶら(秋田市以外) (33)
盛り場放浪記 (11)
山と渓谷 (17)
徒然 (22)
カメラ(機材ネタ) (6)
お知らせ (5)

最新コメント

プロフィール

くゎたう

Author:くゎたう
加藤です。趣味の写真・カメラのお話しから、
それに伴う街歩き・山歩き・鉄道などのお話しを。

メールフォーム

ご感想・お問い合わせ・苦情などはこちらへ 返信が必要な場合はメールアドレス必須です

名前:
メール:
件名:
本文:

本人が希望されない限り 投稿された内容がそのまま公開される事はありません

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター