くゎたう寫眞帖

秋田の自称アマカメラマン加藤のブログ

津軽 壱(prologue)

あけましておめでとうございます。
本年も拙ブログをよろしく御願いします。
写真趣味については、今年ちょっと欲出して頑張ってみたいと思います。
お褒めの言葉は勿論ありがたいのですが、「う〜ん、ここをもうちょっと…」みたいなダメ出しを頂けたらより嬉しいです。
お気軽にコメントお寄せ下さい。

tgr 217

30日から年末年始のお休み。
2015年は、春頃から主に仕事面でメンタルに不調を来たし、散々な一年であった。
運気を変えるためにも、ガッツリ写真を撮りに行こうと、宿を予約し、前日からクルマに着替えと三脚を積み込む。

翌朝、後はカメラ3台を持っていざ撮影地へ…と青森方面へ。
目的地は津軽鉄道だったのだが、JR五能線も撮っていこうか、とR101経由で北上。


さて、どこで撮影しようかと、小入川橋梁のあたりで時刻表をスマホでチェックするも、
待ち時間が長すぎもう少し北上しようと県境を越え、大間越あたりで日本海の荒波と絡められる場所を見つける。
さて、まだ時間あるけど、セッティングしてみるか…とクルマのラゲッジを開けると…
一眼カメラ(FUJIFILMの2台)が入ったバッグを積んでない…
普段使いもしているバッグに入ったOLYMPUS STYLUS1s(高倍率ズームのコンデジ)しか持って来てない…

さて、このままSTYLUS1sのみで行脚を続けるか、一旦引き返しカメラを持って出直すか、諦めて宿をキャンセルし中止するか…

…とりあえずSTYLUS1sでここを撮ってから考えよう…とリゾートしらかみを待つが、時間になっても来ない。

スマホで運行状況を調べたいが、電波が弱くて上手く通信できない…
いずれこの荒波だし、運休だろう…と国道に戻るとまもなく代行輸送の大型バスと遭遇。

この日、日中の撮影は諦め、一旦自宅まで100km以上戻る事に。
型は古いが運転疲れが少ない3000cc車の余裕が無ければ自宅に戻った時点で「ああ、辞めよう」と思っただろう…。

STL11542.jpg
…これで車両が入っていたら出世作ですよ。もっともこの荒波と運行の両立は難しいですが…。


tgr 218
あ〜あ…
(続く)

STYLUS1s

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/01/01(金) 15:02:57|
  2. 鉄道
  3. | コメント:0
<<津軽 弐 (弘南鉄道) | ホーム | 今年もお世話になりました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

寫眞 (204)
盛岡界隈 (1)
秋田市内 (72)
街ぶら(地元以外) (35)
鉄道 (57)
山と渓谷 (18)
盛り場放浪記 (13)
徒然 (28)
カメラ(機材ネタ) (6)
お知らせ (5)

最新コメント

プロフィール

くゎたう

Author:くゎたう
加藤です。趣味の写真・カメラのお話しから、
それに伴う街歩き・山歩き・鉄道などのお話しを。

メールフォーム

ご感想・お問い合わせ・苦情などはこちらへ 返信が必要な場合はメールアドレス必須です

名前:
メール:
件名:
本文:

本人が希望されない限り 投稿された内容がそのまま公開される事はありません

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター