くゎたう寫眞帖

秋田の自称アマカメラマン加藤のブログ

今年もお世話になりました

2015 218
秋田駅(写真と本文は特に関係ありません)

本日も入れるとまだ5日あるのですが、明日明後日はまだ仕事、
休みに入ってからは撮影行脚やスキー、実家へなど外に出てる事が多くなると思いますので
今のウチに、今年を振り返り、お世話になった方にお礼を述べたいと思います。

かなり私的な内容で、他人にとってはどうでも良い事の羅列なのですが、
自分自身の為に書き記します。


スキーについて、’14-’15シーズンは、シーズン券を買わなかったことで4回程度しか滑らなかった。
克服的出来ない高所恐怖症や、写真などに興味の対象が移ったことでバックカントリースキー(以下BC)への関心が薄くなった事
(リアルで会った方は概ね人格者ばかりですが、あのクラスタにはイケ好かない感じの人が散見される事もあり…)
経済的にも負担が厳しいという事で、BCからは撤退する事に。
無事に行けた時は楽しかったのですが、高所恐怖症や体力の無さで同行者に迷惑をかける事もあり心苦しく、
装備を充実させる財力もない。未練が無いと言えば嘘になりますが、すっぱり辞める事にしました。

スキーそのものは可能な限り続けて行くつもり。’14-’15シーズン券を買わなかった事は失敗だったと思います。
やはりゲレンデから足が遠のく原因になりましたから。
ゲレンデメインになっても、テレマークスキーのみで行きます。
たまに寒風山など本格装備が要らない山なら、ステップソールで歩く事もあるかと。
小松倉山などに、ビーコンなど無しで着いてくる事もあるかもしれませんが、自己責任で行きますので。
まずはスキーを振り返る。

2015 222
盛岡・開運橋(写真と本文は特に関係ありません)

仕事の面では、元々ADHD寄りの傾向がある自分には何年も前から適正に難が有ると感じ、
スキルアップが止まってしまった事もあり、モチベーションの低下はあったのですが、
その他パワハラなどの要因でストレスが蓄積し、鬱状態になり春先に少し休職しました。

零細企業なので、一人欠けても他の社員への負担がかかる(=人員補充が要る)、
一部の者はミーティングでクビを進言し、私自身もモチベーションの低下が止まらない事から退職を考えました。

しかし、上司や社長からの慰留もあり、役職から外れる事でミソギを済ませる事にして復職。

しばらくは順調に回復しておりました。秋までには通院も辞められるだろうと思っていたところ、
直接私自身に降りかかった訳ではありませんが、様々なトラブルが連発。
加えて、プライベートでも近隣住民によるトラブルが再発(数年前にも問題があった)。
…私のこの性格ですから、おおかた喧嘩でもふっかけたんじゃないですか?と思われる方もおられるかもしれませんが、
あくまでこちらは迷惑を被った方であります。詳しくは伏せておきますが。

そこに、自分では仲が良いと思っていた、少なくとも心の支えと思っていた同僚がトラブルに巻き込まれ職場を離れ、
秋にまたかなり精神状態が悪くなりました。一旦は出社したものの、どうにも仕事が出来なくなり休んだ日があったり。

そこに解雇通告ではないですが、上から正式に仕事を辞めるかどうかの話しが出てきて、ひどく悩みました。
友人などにはしょっちゅう辞める辞めないのグチはこぼしているのですが、
部署の上司・同僚に正式に辞めるかどうかの相談を話したのは初めてです。

結局、説得と慰留で今回も退職しなかった。でも“し損ねた“感もあります。
説得してくれた上司・同僚には感謝しかないのですが、
自分を切り替えるチャンスを逃した、感もあります。

しかし、これで辞める事はもう怖くなくなりました。
上司・同僚への感謝も込めて、これから問題が起きた時は自分が泥を被るつもりで彼らを護りたいと思っています。

2015 224

現在、メインの趣味になっている写真。
春、それこそ仕事の事で落ち込んでいる時、突然親父から645のカメラ、ゼンザブロニカETR一式を貰いました。
相続、といって差し支えないと思います。この後、親父はポリープ切除入院して。
悪性ではありましたが、完全に切除出来た、と言うことで結局はぴんぴんしているのですが。
最悪の場合も想定してのカメラ譲渡だったのだと思います。

とりあえず、自家整備でレンズのカビなどを除去。
…この前後から、ジャンクなオールドレンズを自分でバラして掃除するくらいの事はやるようになってました。
小物ケースに残っていた、とっくに期限が切れた120フィルムで装填の仕方や動作の確認。
使わない時はバッテリーを抜いておかないとすぐ無くなる事以外は問題ないようです。

2015 216

粒状感などはやはり有るのですが、35mm判では出せないボケや立体感。
たまに35mmフィルムカメラで撮ることもあるのですが、
粒状感が気になって、デジカメのような綺麗さは得られない。
それが味わいと言えばそれまでなんですが、デジカメと置き換えて使うようなものではなく、
違う「道具」として楽しむのが正解のようです。
中判は丁寧にスキャンすればデジカメと遜色ない解像感で、
さらに中判ならではのボケや立体感・奥行き感が得られます。

2015 223
盛岡・桜山

本来なら、息子の懐具合を気遣うべき親父のお陰で、さらなる写真沼/カメラ沼にハマってしまう。
遂には、6X6判の二眼レフ、ヤシカフレックスCも入手して中判フィルムカメラも楽しみだした2015年です。


以前から、地元で指向性の近いカメラ仲間が欲しいなあ…とネットで
「秋田 写真サークル」などのキーワードで検索しその手のサークル活動などが無いか探してましたが
なかなか見つけられずにおりました。
ご年配の方の写真会はあちこちあるのですが、同年代のが見つからない。
たまにWeb上に見つけたとしても、更新が何年も止まっていて活動してそうもない。


ここに来て、たまたま撮影中にお声がけしたカメラマンが同年代で、
同じ富士使いで、指向性も近い感じ。
(ちなみに、私の指向性というのは基本スナップで、原点である鉄道や風景も撮りますが、ベタベタの記録写真めいたのはあまり撮らない。鉄道なら中井精也さん的な感じで。
ポートレートにも挑戦中だが、スタジオなどでのコッテコテのポートレートでなく、スナップ的な雰囲気のを目指している)

現在、SNSで交流をして、今後一緒に撮影活動出来たらよいな、という方(達)に出会いました。

写真、今年中盤は少々マンネリ化しだして、飽きてはいないが行き詰まりも感じつつありました。
そこで、思い切った挑戦、公園などで佇む方にお声がけし、名刺を渡して名のり、許可を頂いた上で撮らせていただく。
…画的にもどうしても妙齢の女性がメインの対象になってしまいますが(笑)、お願いするとほどんど快諾していただけます。
その後プライベートでのお付き合いをほのめかすようなマナー違反はしません。

これがまた、許可を取れた嬉しさが勝ってしまい、冷静にフレーミング出来て無く、
写真的には失敗の連続なんですが、場数を積むことで精度を上げていきたいと、めげずに頑張ってます。

もちろん、これまで通り、スナップや鉄道情景なども頑張っていきたい。


そんな感じで、仕事面では大いに凹んだ一年でした。
でも同僚に救われた。
プライベートでは、趣味の写真がより充実の方向に向いて来たこと、
地元の同級生、旧短板党からの皆様といった以前からの繋がりの方々のありがたみを改めて感じたこと。

相変わらず、単細胞でガキな思考の私ですが、何か学習出来た一年だったかな?と思います。
お世話になりました。
来る年もよろしく御願いします。


よいお年をお迎えください。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/12/27(日) 12:30:39|
  2. 徒然
  3. | コメント:0
<<津軽 壱(prologue) | ホーム | スキー場に出かけた日(滑ってはいないがネタは滑る)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

写真 (185)
秋田市内 (69)
鉄道撮影 (49)
街ぶら(秋田市以外) (33)
盛り場放浪記 (11)
山と渓谷 (18)
徒然 (23)
カメラ(機材ネタ) (6)
お知らせ (5)

最新コメント

プロフィール

くゎたう

Author:くゎたう
加藤です。趣味の写真・カメラのお話しから、
それに伴う街歩き・山歩き・鉄道などのお話しを。

メールフォーム

ご感想・お問い合わせ・苦情などはこちらへ 返信が必要な場合はメールアドレス必須です

名前:
メール:
件名:
本文:

本人が希望されない限り 投稿された内容がそのまま公開される事はありません

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター