くゎたう寫眞帖

秋田の自称アマカメラマン加藤のブログ

内陸線9月

E7D_9356.jpg
始発 阿仁マタギ-戸沢

9月23日、久々に内陸線へ。
朝焼けを狙いに、朝3時に起きて向かったが、あいにくの空。
おまけに雨までぱらついてきた。

撮影を終えてクルマに乗り込むやザザザと本降り。
まるで責めてるみたいだ。動機が不純な僕を。

E7D_9431.jpg

超定番撮影地。
曇り空と電線を避けての構図。

E7D_9523.jpg

前田南-小渕
柏木岱あたりの雰囲気が好きで、なんとかこのあたりで傑作が撮れないかとずっと頑張っているのだが
なかなかこれという一枚にたどり着けない。

E7D_9557.jpg

笑内-岩野目
超広角+縦構図、回転軸気味での流し撮り。
手振れ補正をオフのするのを忘れたせいか、なんだか画像が段になっていた。
段の部分をトリミング。

これから紅葉の季節。内陸線撮影にも力を入れましょうか。

Canon EOS7D+EF-S10-18mm,Sigma18-300mm
スポンサーサイト
  1. 2017/09/27(水) 20:53:29|
  2. 鉄道撮影
  3. | コメント:0

内陸線・夏

0729 (2)

7月29日。久々に内陸線を撮影。
先日の大雨の影響でR285などはあちこちに土砂崩れの跡が。
片側交互通行など規制がまだあるので、通られる予定のある方は注意してください。

0729 (6)

昨年話題となった映画「君の名は。」のDVD/Blu-rayが先日発売に。
聖地とされる前田南駅から、駅とは反対の阿仁前田方向を撮る。
主題はトンボ。

続きを読む
  1. 2017/07/30(日) 11:17:33|
  2. 鉄道撮影
  3. | コメント:0

6月の津軽

tsugaru68 (9)

5日に人生初の(そして高確率で最後の)新車が納車になった。
どんなクルマなのかは、勿体ぶってしばらく公開しないw

…別段珍しいクルマではない。グレードというか仕様まで区別すると珍しい方かも知れない。
同じ色は発注後2台しかみてない…

休みの本日(6月8日)、雨模様だがカメラ2台積んで遠乗りしてみた。

tsugaru68 (6)

向かったのは津軽のベンセ湿原。
昨日のNHKの東北枠のニュースで既に盛りだという事を知り、
複数あった行き先候補から、こちらに行くことに決めた。

国道101号線を経由。
先日発売になった角松敏生のインストアルバム「SEA IS A LADY 2017」を聴きながら
オシャレな内装の新車で海岸線を流す…つもりが暴風雨。
途中、JR五能線のリゾートしらかみ(おそらく減速運転)と並走するも撮影どころではない。

tsugaru68 (3)

続きを読む
  1. 2017/06/08(木) 22:11:52|
  2. 鉄道撮影
  3. | コメント:0

津軽さくら紀行

0429 (8)

4月29日みどりの日。
仕事柄不定休な私。
ゴールデンウイークはあまり関係ないのですが、たまたま休みになったので、カメラ仲間のJ氏を誘って五所川原やつがる市へ。

ど定番の撮影スポットは避けたい加藤ですが、ここは別格なので毎年のように行っている芦野公園。
0429 (9)

続きを読む
  1. 2017/05/01(月) 21:07:25|
  2. 鉄道撮影
  3. | コメント:0

内陸線・冬

0128 (3)
五味掘踏切付近より

ようやく今年二度目の更新。
1月28日。昨年10月以来の内陸線の撮影に。

以前何かで書いた気がするが、私がデジタル一眼レフ(中古ニコンD70)を入手して、
はじめて撮影に出かけたのが内陸線。当時も前田南駅で黄色の車両を撮ったり。

映画「君の名は。」効果を抜きにしても、ここから(五味掘〜柏木岱)の素朴な風景は魅力的。
内陸線というと、橋や川、森やトンネルと絡めた写真が多いが、
比較的開けて明るい前田南付近の眺めが個人的に好き。

0128 (5)
伏影地区より


続きを読む
  1. 2017/02/01(水) 21:16:51|
  2. 鉄道撮影
  3. | コメント:0
次のページ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

写真 (189)
秋田市内 (69)
鉄道撮影 (49)
街ぶら(秋田市以外) (33)
盛り場放浪記 (12)
山と渓谷 (18)
徒然 (23)
カメラ(機材ネタ) (6)
お知らせ (5)

最新コメント

プロフィール

くゎたう

Author:くゎたう
加藤です。趣味の写真・カメラのお話しから、
それに伴う街歩き・山歩き・鉄道などのお話しを。

メールフォーム

ご感想・お問い合わせ・苦情などはこちらへ 返信が必要な場合はメールアドレス必須です

名前:
メール:
件名:
本文:

本人が希望されない限り 投稿された内容がそのまま公開される事はありません

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター